エビが調子悪いときの対処法

スポンサーリンク

観察していておかしいな

元気がない

ツマツマしていない

物影に隠れてジッとしている
 

3匹以上ジッとしていたら、水槽の調子が悪いと判断します

気のせいかなと
数日放置していたら、ポツポツ死に出したりするかもしれません

原因の特定

まず原因の特定を急ぎます

自分なら水槽にヤマトヌマエビを入れます
ヤマトヌマエビが元気でレッドビーシュリンプの元気がない場合は、水ができていないのを疑います。
ヤマトヌマエビが動かずじっとしていたら、エビによくないもの、農薬や過剰な肥料だったりを疑います
 
 

水ができていないとき

基本的にはアンモニアや亜硝酸が多く発生している場合が多いです
ソイルのブレイクや他の原因も考えられます
水槽の内部で目に見えない何らかの変化が起こっているらしく、試液などで測っても問題ないことも多いです

対処法

水槽移動

別の水槽に入れると、次の日ケロっとしてツマツマしていることがあります
もちろん、調子の良い水槽に限ります

サテライトへの移動

サテライトを調子の良い水槽にそこに移動
サテライトでも2週間程度では死ぬことはないのて、一時的に別水槽のサテライトに隔離し、その間に元の水槽を立て直すのも有効です

水換え

水換えは有効です
ソイルのプチブレイク、初期ブレイクなどにも有効です
水を早く綺麗にしたいと思うあまり大量の換水は逆効果です
具体的に書くと
3日おきに4分の1ほど水換えをし、1週間ほど放置すると調子が上がることが多いです
もちろんその間餌は一切あたえません

 

やりがちなNG行為

粉物のバクテリア投入

水が汚れたり、バクテリアのバランスがさらに崩れるリスクがあります

新しい水での大量換水

上でも書きましたが、弱ってる個体は次の日の朝死んでると思います

 

 

よくないものが入ってるとき

水槽移動やサテライトでの隔離も有効です

全換水

エビを全て掬い出し
ホースやエアチューブで全て水を排出し、新しい水を入れ
水温を調整し、エビを入れます

エビにとって大きな変化なので弱っている個体は落ちるかもしれません
自分の経験だと農薬や過剰な肥料などの場合落ちずに復活することが多いです

リセットしてしまうのも手です

やりがちなNG行為

ウイルスによる環境の悪化は水槽移動はNGです
移動させた先の水槽でもエビが死に出します

 

 

まとめ

最善を尽くしても、不調なシュリンプを回復させられないこともあります
それは環境の悪化によりダメージを受け、弱ってしまっていると考えられます
一度弱ってしまったレッドビーシュリンプの回復は、残念ながら難しいです

毎日様子を観て、エビの調子を観察しましょう
すこしでもおかしいなと思ったら適切な対処をします

シュリンプの飼育法まとめ
スポンサーリンク
BloodCore – 日本で一番大きなレッドビーシュリンプを目指して