帰京したら悪夢だったけど、まだ希望はある

スポンサーリンク

10日から16日の間東京を離れ帰省していました。

東京へ戻ってきました

 

6日間放置してたら、抱卵してる個体もいるかもしれない

見るの楽しみだな

なんて
 

 

ところが

部屋に入るとブワッーと熱気が

エアコンが止まってる!

 

 

水槽の水温計を見ると32度

水温は24度に設定してたから

その差8℃か

 
まいったな
 

 

いつ止まったんだろう?

大雨で停電でもあったんだろうか

1日だけ32℃とかなら、なんとか大丈夫だと思いますが

 

 

3日32℃だと大ダメージです

 
 

前回のブログでエアコンが壊れていることを報告しました

エアコンのクリーニングを業者に依頼しました。
エアコンが故障した!エビ飼ってて、エアコンの故障はアウトだ!水温が連日28度16度で強風に設定しても28度から下がらないクリーニング業者に依頼したところ最短で6日後だと言われましたエアコンのシーズンだからかな6日間28度...

エビの調子が落ちて

それでも、なんとか立て直し

抱卵個体なんかも殖えてきて・・・

 

 
と思ったらこうなるんですね

うまくいかないなあ・・・

 

 

外気温が35℃越えてるので

なかなか水温が下がりません

3℃下がるのに6時間とかかかっていました
 

 

 

逆に良かったのかもしれません

8℃ストーンと下げたら、一気に死ぬかもしれません

 

 

 

1つだけどうしようもない水槽がありました

流木を動かしたら、死体が何匹かふわ~って浮くような状態でした

 

悪夢かよ・・・

 

 
それ以外の水槽はなんとかなりそうな気がしてます

 

 

この個体が一番元気です
 


 

ヒゲの付け根の部分なかなか立派じゃないですか?

将来の種オス候補です

まだ1.3cmくらいでサイズ的に交配イケるかどうかってところです
 

 

このメスが抱卵していました

横麻呂だったんで覚えてます

帰省する前抱卵してませんでした

 

 

(横麻呂って横にスポットが入ってることです)

この抱卵に大きな意味があるんです

この個体が抱卵してたってことは

最初に紹介したオスと交配したってことなんです

オスはその個体しか入れてなかったので

 

 

ようやく交配できるサイズになったってことですよね

ブリーディングが楽しくなりそうです

 
 
翌日、大半のエビは普通にツマツマしてました

悪いことばかりでもないみたいです
 

 

コメント