水草の肥料、栄養添加液、活力剤、最強の5選

スポンサーリンク

植物の成長には

・窒素
・リン酸
・カリウム

の3つが必要と言われます

水槽内で不足しがちなのは窒素とカリウムです
リン酸は過剰になりがちなうえに、黒ヒゲゴケの原因にもなります

それでは紹介していきます

 

カリウム粉末

必須アイテムです
50gを500mlの水に溶かすのが一般的です
自分は250gを2lの水に溶かしています

炭酸カリウム 50g

 

 

イニシャルスティック

ほぼカリウムと言われています
パッケージに鉄分との記述がありますが、微量なようです

こ、こんなに使いきれないよ

ってくらい入ってます
使っているといつの間にかなくなっています

水槽の立ち上げ時にソイルの下にたっぷり仕込むのがおすすめです

テトラ イニシャルスティック 300g

 

 

カミハタスティック

かなり便利なアイテムです

追肥で窒素を補給するのに有効です
肥料不足を感じたら入れることが多いです

入れすぎると水槽が白く濁ります
バクテリアのバランスが崩れるのかもしれません

コケが生えるということもなく
特にエビなどの生体にも影響はないですね

カミハタ スイレン水生植物用 スティック肥料

 

 

リキダス

肥料ではなく植物の活力剤です
効きは強いです

想像以上に新しい葉を出し始めました
主成分の鉄やカルシウムが水草の白化や新芽の縮れに効果があります

たくさん入れすぎると
水が茶色く濁ります
 
リキダスは60cm水槽に5mlほど入れています

ハイポネックス リキダス 450ml

 

 

メネデール

こちらも有名な活力剤です
鉄分オンリーの尖った奴です

鉄分不足を感じたら添加しましょう

うちではアヌビアスの発芽に効果的でした
主成分が沈みやすいので、容器をよく振ってから使いましょう

メネデール 植物活性素 500mL

 

 

エビへの使用について

これらの肥料は他サイトでも紹介されてると思うので
レッドビーシュリンプやヤマトヌマエビの影響を書いていきたいと思います

 
こんな感じです

メネデール
入れすぎたらエビが大量死
リキダス
入れ過ぎたらエビが大量死
カリウム
入れ過ぎたらエビが大量死

 

まとめ

この5つがあれば肥料不足や新芽の発芽に対応できると思います

自分は立ち上げのときカミハタスティックをソイルに数本挿入します
様子を見ながらたまにカリウム水溶液を1cc入れています

水草用の肥料はエビには毒にもなります
ハイポネックスなどの園芸用の肥料はエビが死んでしまいます

液肥は基本的にアクアリウム用が安全です
エビがポツポツ死んでいくなら肥料が原因かもしれません

水草の育成や種類についてのまとめ
スポンサーリンク
BloodCore – 日本で一番大きなレッドビーシュリンプを目指して

コメント