【アクアリウム】水槽用ヒーターオススメ8選

スポンサーリンク

ヒーターはいろいろあってどれを選べばよいか迷うかもしれません
一番安いヒーターを選んでしまいがちですが、故障や誤差などの問題も多いです
ヒーターの事故は火事などにつながる可能性もあるため慎重に選ぶべきです

選ぶポイント

選ぶポイントを簡単に説明します

ワット数

まず一番最初に選ぶべきはワット数です
30キューブ水槽で100Wほど
60cmで150~200Wほど必要です
90cmだと300Wになります

ワット数が低いといつまで経っても設定した温度にならないことがあります

冬場26℃設定にしても、22℃にしか水温が上がらないので
おかしいなと思ったら、ワット数が低かったなんてこともありました

設定温度

26℃設定の温度固定のヒーターがあります
28℃で調子のよい魚、24℃のほうが調子の良い水草や魚などがいます
飼育魚によって温度を変えたい場合は可変式のヒーターやサーモスタットがついているヒーターを選ぶべきです

デザイン

ある意味一番大事かもしれません
毎日見るものなので気に入ったデザインを選びましょう

値段

ヒーターは意外と高価です
ケチってもダメですが、高価なものを買えばよいというわけではありません

信頼できるメーカー

信頼できるメーカーとちょっと怪しいなと思うメーカーがあります
ヒーターはメーカーで選んでもいいくらいです
Amazonには中国製と思われるヒーターが売られていますが使用は自己責任で

 

 

おすすめのメーカーと商品

おすすめのヒーターをメーカーごとに紹介します
60cm水槽を目安にしたので、ワット数は150~200Wを選びました
使いやすい温度可変式ヒーターとサーモスタットとヒーターのセットを中心に紹介しています

 

エヴァリス

こちらのメーカーが信頼性はナンバーワンかもしれません
迷ったらエヴァリスにするべきです
少し値は張るヒーターも多いです

メーカーの評価

信頼性
10.0
価格(安さ)
7.0
エヴァリス オートヒーター ダイヤルブリッジ R200AF
エヴァリス マイクロセーフパワーヒータープラスNX 150

 

コトブキ

こちらも信頼できるメーカーです
デザインも◎

メーカーの評価

信頼性
9.0
価格(安さ)
7.0
コトブキ工芸 kotobuki ツーウェイオートMD 160W
コトブキ工芸 kotobuki セーフティヒートセットSP 160W

 

GEX

GEXのヒーターといえば90年代は危険な香りがしましたが
最近のGEXは性能も良く
シェアはナンバーワンかもしれません
値段も安く、デザインも洗練されています

メーカーの評価

信頼性
7.0
価格(安さ)
9.0
GEX NEW セーフカバー ヒートナビ160
GEX セーフカバー ナビパック SH160

 

ニッソー

信頼できるメーカーの一つです
 

メーカーの評価

信頼性
8.0
価格(安さ)
8.0
ニッソー NEWプロテクト ICオート 200W
ニッソー NEWプロテクトプラス 150W NHS-072

以上4つのメーカーは信頼できるメーカーだと思います

これらのメーカーを使用していれば間違いはないです

 

 

一番のおすすめ

いろいろ紹介しましたが、一番のオススメはこちらです

信頼できるエヴァリスですし、価格も抑えめです

温度可変式で使いやすく、自分も愛用しています

エヴァリス オートヒーター ダイヤルブリッジ R200AF
アクアリウム情報
スポンサーリンク
BloodCore – 日本で一番大きなレッドビーシュリンプを目指して