レッドビーシュリンプの死因について

スポンサーリンク

飼育したことのある人はわかると思いますが

レッドビーシュリンプなどのシュリンプの仲間はあっさり死にます

 
この記事を読んでいる人の中には、シュリンプを死なせてしまい、その原因がわからない人もいるかもしれません

死んだ原因はできれば突き止めたいところです
いや、突き止めなければなりません

まだ生き残っている個体たちのためにも
今後のアクアライフのためにも

 
基本的には死因は

  • 水温
  • 餌の与えすぎ
  • 水ができていない
  • の3つかなと思います

    後ほど詳しく説明しますが
    この3つが適切であればその他を疑います

    その他は

  • 寿命
  • ウイルス
  • 農薬
  • 殺虫剤
  • 肥料
  • などです
    こちらは自分では調節しにくいですが、気を付ければ未然に防げます

    説明していきます

    水温

    まず一番初めに疑いましょう
    ヒーターが壊れて水温が下がっていることがよくあります
    逆に誤作動で水温が上昇していることもあります

    エアコンで水温を管理している人も季節の変わり目には気をつけましょう

    夏場の水温上昇
    夏場の水温上昇が最も死にやすいです
    一時的な水温の上昇ならよいのですが、毎日28℃を越える日が続くとポツポツと死んでいきます
    初夏や初秋など季節の変わり目も水温に気を使いましょう
    特に秋は夏場のダメージが蓄積しているのでここで油断すると大量死につながります

    対処法

    なるべく水温計を水槽に設置しましょう
    水温計を毎日見る習慣があると未然に防げます

    画像の水温計が一番オススメです

    エヴァリス きっちり計れる水温計

    ヒーターはいつかは壊れるものです
    毎日作動するものなので、予算が許す限りヒーターは1、2年で交換したいところです

    【アクアリウム】水槽用ヒーターオススメ8選
    ヒーターはいろいろあってどれを選べばよいか迷うかもしれません 一番安いヒーターを選んでしまいがちですが、故障や誤差などの問題も多いです ヒーターの事故は火事などにつながる可能性もあるため慎重に選ぶべきです

     

    餌の与えすぎ

    レッドビーシュリンプに餌を与えるのは楽しい行為です
    思わず与えすぎてしまうなんてことは日常茶飯事です

    でも餌の与えすぎは死に直結するので気をつけましょう
    これが怖いのは餌を与えすぎても、その日は元気なのに、その3日後くらいに一気にガクンと調子が落ちます

    適切な量は少し少ないかなくらいの量です
    立ち上げて2、3か月はまだ水質が安定していないので、2、3日に一度くらいでもよいでしょう

    対処法

    もし与えすぎたかなと思ったら、数日餌を抜くなどの対処をしましょう
    水換えをすることも検討すべきです

     

    水ができていない

    水ができていなければレッドビーシュリンプを飼育するのは難しいです
    水温や餌の与えすぎが原因じゃない場合は水ができていないことを疑いましょう

    特に水槽の立ち上げ初期(3か月以内)に死ぬ場合は水ができてない場合が多いです

    基本的な考え方として、ろ過が不十分でアンモニアや亜硝酸が出ていてはダメです
    多分、すぐ死にます

    自分も以前は試液でアンモニアや亜硝酸、硝酸塩の濃度を計っていました

    しかし、恐ろしいことにアンモニアや亜硝酸が0でも死んでいくことがあります
    試液だけを参考にしてはダメです

    トータルでバクテリアや水のクオリティをあげていきたいですね

    対処法

    水ができていなくて、死ぬ場合の対処法は水槽移動です。
    水ができている水槽に移動しましょう

    水槽移動ができない場合はサテライトで別水槽にくっつけるのも手です

    別水槽がない場合は水換えを5分の1、もしくは4分の1ほど水換えをしましょう
    間違っても水量の半分水換えなどの大量の水換えはやめてください
    バクテリアバランスが崩れ逆効果です

    少ない水量を3日に一度くらいが一番効果的です

    自分はサテライトで一週間ほど他水槽にくっつけるのをよくやっています

    スドー サテライト

     

     
    水温、餌、水ができていない状態について説明しました

    どうでしょうか?この3つに思い当たることはありましたか?
    もし当たってたら改善してみましょう

    次にウイルスや異物など少し原因を特定しにくいものについて説明します
    もし上記の3つに当てはまっていない場合はこちらが原因かもしれません

    寿命

    レッドビーシュリンプの寿命は
    半年から1年半です

    寿命を迎える個体は老化しているのですぐわかります
    体形が崩れる、色が薄くなる、もしくは濃くなるなどです
    悲しいですが、生き物を飼っているので寿命で死ぬのは仕方ないことです
    1年未満でも寿命で死ぬ個体も多いです

    ウイルス

    レッドビーシュリンプがウイルスに罹った場合、ほぼ助からないです
    魚などは魚病薬の治療などが有効な場合がありますが、シュリンプは治療法はありません
    よくポツポツ病といわれるもののほとんどはウイルスだと言われています

    対策

    手からの感染
    手を洗ってから水槽内に入れましょう
    手には目に見えない雑菌がたくさんついています

    エビからの持ち込み
    エビを新規で入れる場合も注意が必要です
    病原菌を持ち込む可能性があります
    信頼できるショップなどからエビを入手しましょう

    常在菌
    水温や水質が不安定だったり、常在菌のエロモナス菌などが活発化してきます
    よくろ過の効いた水で飼育しましょう

    水槽の移動は注意
    もしウイルス性のポツポツ病が発生したら他水槽には入れないほうが良いです
    他水槽のシュリンプもポツポツ死んでいく可能性があります

    農薬

    外国から輸入されてくる水草には農薬がついてくることが多いです
    「そういえば水草を入れてから、死に出したな」なんて時は水草に農薬がついていた可能性が高いです
    しっかり農薬は抜いてからシュリンプ水槽に入れましょう

    殺虫剤

    エビは虫と同じように銅によって血液ができています
    殺虫剤はその銅に効くのでエビは死んでしまいます
    室内での殺虫剤の使用はやめましょう

    バルサンや蚊取り線香もアウトです

    肥料

    肥料の入れすぎにも注意が必要です
    アクアリウム用であっても、入れすぎると調子を崩します
    アンモニア性窒素が入っている肥料もあります

     

     

    まとめ

    どうでしたでしょうか?
    当てはまりそうな死因がありましたか

    原因が特定できて、それを解決できそうなら幸いです

    自分は未だにエビを死なせることも多いですが

  • 水ができていない
  • 餌を与えすぎた
  • などの原因が多いです

    気をつけなきゃとは思うのですが、大丈夫かなと立ち上げてすぐにエビを投入したり、餌を与えすぎたりと反省することが多いです

    お互いがんばりましょうね

    スポンサーリンク
    BloodCore – 日本で一番大きなレッドビーシュリンプを目指して