レッドビーシュリンプの飼い方

スポンサーリンク

俺がレッドビーシュリンプの飼い方なんかを語って良いのかとも思います。

とりあえずそれっぽいことを語ってみます。
 

 
10年・・・人よりたくさん失敗した自信があります。
 

シャドー、クラウド、新種系も同様な飼い方ができると思います
 

 

水槽

 
30キューブより60cm水槽のほうが抱卵率が高かったです

繁殖狙いなら60cmがバランス的に良いのではないでしょうか

水質も安定しますし
 

少ない匹数のほうが成長率は高いので

30キューブに5匹以下で飼育して、成長と色揚げを楽しむこともありました
 

 

フィルター

 
・底面フィルター
・スポンジ
・外部フィルター

などが適してます

上部フィルターで飼育してる方もいますし、水作エイトなどの投げ込み式でももちろん飼育できます

上部や外部は稚エビが吸い込まれるとめんどくさいです

ストレーナーにスポンジは必須です
 

 

飼育水

以前、逆浸透膜浄水器でTDS 0に近いRO水を作り、TDSや硬度の調整でミネリッチを入れていました

その名残で浄水器を通した水にミネリッチを入れています
 

浄水器はマーフィードのスタンダードがおススメで

エビは少しの不純物で調子を崩すときがあります

例えば、近くで水道管の工事や貯水槽の清掃が行われたら、エビが死んだなんてよく聞きます
 

浄水器はフィルターを交換しながら10年以上使えるので、テトラ コントラコロラインやエーハイム 4in1などを使い続けるよりも思い切って買っちゃったほうが良いかもしれません
 

 

バクテリア

アクアリウムイコールバクテリアといっても過言ではありませんね

エビ飼育のバクテリアは奥が深く硝化サイクルだけ考えてると、殖やせないかもしれません
 

市販のバクテリアはほぼ全ての商品を使いましたが、9割は「?」でした

液体のバクテリア商品でエビが死ぬようなことはなかったです

色々はいってる粉ものは入れすぎると水質悪化の可能性があります
 

一時的にバクテリアが増えても、環境に応じたバクテリアしか残らないので結局は・・・
 

 

ソイル

使ってよかったソイルは

・ADA アクアソイル アマゾニア
・JUN マスターソイル
・GEX 水草一番サンド

プラチナソイルは避けた方が良いです

pHや硬度が落ちすぎます

その他吸着能力が強いソイルは、水道水がpH6.5などの弱酸性だとpH4台も目指せちゃいます

pH4だとエビは生存できないのではないだろうか?
 

 

水換え

基本的にはエビの様子を見ながらでしょうか?
 

初心者の方は2週間に一度、3分の1くらい、水草もエビも状態良く飼育できると思います

水は浄水器を通したものがベストです

 

上級者の方は直感に頼る水換えになると思います
 

義務的になりがちな水換えですが、抱卵を促すための水換えや調子を上げるための水換えと捉えるとやりがいを感じます
 

 

水温

22度から25度

夏場はエアコン必須です

一見電気代がかかりそうですが、最近のエアコンは電気代がかからないのでつけっぱなしでも大丈夫です

冬のほうが電気代がかかる人も多いです
 

自分は居住空間に水槽があるので毎年冷房病になります

夏なのに長袖!
 

 

水質

弱酸性の硬水が良いとされています

​アクアリウムをやってる人はわかると思いますが、硬水で弱酸性の水を作るのはかなり難しいです

 

水道水で飼育してみて、殻の色が落ちてくるようなら、ミネラルやカルシウム添加での対応が良いのではないでしょうか?

ただ、硬度が高すぎると抱卵率が下がります
 

 

2日に一度くらいがベストな気がします

1日5回以上も餌を与えるブリーダーさんもいるらしいです。
 

一体どんなフィルターを使っているんだ!

あとこちらも参考に

シュリンプの餌について
餌についての感想と現在使用している餌についてまとめました。レッドビーシュリンプなどのエビの餌には苦労しました。あげすぎると水質が悪化し、調子を落とし、給餌しないと、成長が滞り

 

 

今のところこんな感じくらいのことしか書けないです

何か参考になれば、と思います

気づいたことがあったら追記等する予定です
 

良いエビライフを!

レッドビーシュリンプの飼い方
スポンサーリンク
BloodCore – 日本で一番大きなレッドビーシュリンプを目指して

コメント