シュリンプの水質や水温について

スポンサーリンク

水質について

自分は硬度を目安にしています

総硬度3~5°dHくらいです

水道水にミネリッチを加え、吸着系のソイルを使うと3~5くらいに落ち着きます
 

ある程度、長く飼育していると、pHやTDSは計測しなくなると思います。

 
pHはソイルに影響をモロに受けるので、なるような数値にしかならないと思います

 

間違ってもテトラ pH/KHマイナスなんて入れないようにしましょう

水換え時ならまだしも、本水槽に直接は危険です

一時的にpHが下がって、次の日、元のpH近くに戻るのであまり意味がないです

水質を無理矢理変動させるので、水質に敏感なエビは危険です
 

レッドビーシュリンプはpHは5.2~7.8くらいまで適応しますので、神経質になる必要はないでしょう
 

とはいえ、引っ越して元水のpHがわからない場合などはpHを測るべきです
 

また、RO水を使用する場合はTDSメーターは必須です

その場合、TDSは120~150くらいに合わせるといいですね
 

レッドビーシュリンプの画像

 

水温について

22℃から24℃が適温と言われています

自分は24℃に設定しています

 
レッドビーシュリンプの飼育が広まった頃は26℃で飼育している方も多かったことから、26℃で飼育も可能だと思います

うちでは26℃固定ののオートヒーターで飼育している水槽もあります
 

殖えやすいの24℃くらいじゃないでしょうか?

本気でブリーディングするなら温度を可変できるヒーターは必須です
 

夏場

夏場レッドビーシュリンプが死にやすいのは、高水温に弱いからではなく、高水温によって水槽のバランスが崩れ、水質が悪化するからです
 

28℃くらいまでなら大丈夫だと思いますが、水温差があると危険です

昼間の水温が30℃なのに、夜の25℃など

 
一日なら大丈夫ですが、

これが毎日続くとエビにダメージを与えさらに、バクテリアにまでダメージを与えてしまいます

その結果、雑菌、アンモニア、亜硝酸等が増えてしまいます
 

エアコンや空冷ファンなどを上手に使いましょう
 

冬場

なぜか無加温にチャレンジする猛者が出てきます

暖かい地方なら成功例を聞きます

 
毎日、17℃とかなら可能でしょうが、夏場と同じように温度差があると、厳しいと思います

ヒーターは必須です
 

自分はエヴァリスのヒーターを愛用しています

エヴァリスの水温計もおすすめです
 

レッドビーシュリンプの画像

シュリンプの飼育法まとめ
スポンサーリンク
BloodCore – 日本で一番大きなレッドビーシュリンプを目指して